オナニーやセックスをするとハゲる?真実をしらないと薄毛が悪化する?!

オナニーをするとハゲる、セックスのし過ぎは薄毛になる。

昔からまことしやかに言われている薄毛の噂ですが、「オナニーをするとハゲる薄毛になる」この噂は本当なのか嘘なのか?

結論から先にお話するとウソです。

髪が薄くなって来たと思い育毛剤を使いながらオナ禁をしていた事もありますが、全く効果がありませんでした。苦笑

当時の私と同じように、オナニーをするとハゲるという薄毛の噂を信じている方は

オナニーをすると男性ホルモンが増える
↓  ↓  ↓
男性ホルモンが増えるとハゲる
↓  ↓  ↓
オナニーをするとハゲる

この方程式を何となく思い付いているからだと思いますが、そもそもオナニーをしても男性ホルモンは増えませんし、男性ホルモンが増えてもハゲる事はありません。

ここでは、オナニーをするとハゲる薄毛になるという噂がなぜウソなのか?説明していきます。

髪の悩みを抱えている方、薄毛対策として育毛剤やサプリを飲んでいる方は、これを読んだら不安や悩みがかなり解消されると思います。

 

男性ホルモンが増えるとハゲる?

男性ホルモンとハゲ・薄毛は密接な関係にあることは事実ですが、男性ホルモンが増えてもハゲることはありません。

これは研究の結果分かっていることですし、以前男性ホルモンが増えるとハゲる薄毛になるという噂の真相解明!こちらの記事で解説しましたが、男性ホルモンが増えてハゲるのではなくAGAを発症していると男性ホルモンが増えることでハゲる可能性が高くなるということです。

AGAを発症している(発症する可能性がある)と、男性ホルモンが増えることで薄毛を招くDHT(ジヒドロテストステロン)が増加することが分かっています。

誤解しないで頂きたいのは、男性ホルモンが増える = AGAを発症する(薄毛になる)のではなく、男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されてしまうことが薄毛の原因ということです。

男性ホルモンの増加が薄毛の原因ではないわけですから

オナニーをすると男性ホルモンが増える
↓  ↓  ↓
男性ホルモンが増えるとハゲる
↓  ↓  ↓
オナニーをするとハゲる

この理論も成立しないということになります。しかも、オナニ―をした程度では男性ホルモンは増えない事も分かっているのです。

※ 男性ホルモンと薄毛の関係性については、男性ホルモンが増えるとハゲる薄毛になるという噂の真相解明!こちらで解説していますのでご覧下さい。

 

オナニ―をしても男性ホルモンは増えない

オナニーやセックスをすると男性ホルモンが増えろそうなイメージを何となく持っていますが、実際は「射精をしたところで男性ホルモンは増えない」ということが分かっています。

その根拠を証明する論文がこちらです。
Endocrineresponsetomasturbation-inducedorgasminhealthymenfollowinga3-weeksexualabstinence

この論文によると

  • 射精をしてもテストステロン(男性ホルモン)濃度に大きな差はなかった。
  • オナ禁をした後に射精をするとテストステロン濃度が高くなった(オナ禁の期間は3週間)

という結果だったようです。

この論文データを見ても分かります通り、オナニーやセックスをして射精をした程度では男性ホルモンは増えません。

 

オナ禁をした後に射精をすると男性ホルモンが増える

先ほどの論文データで見逃せないのが、オナ禁をした後に射精をすると男性ホルモンが増えるというところ。

この実験データが示しているのは「オナ禁をすると髪の毛が生えてくる」という噂が、どうしようも無いほどデタラメな情報だということを証明しています。

そもそも男性ホルモンはハゲ・薄毛の直接的な原因ではないので、巷で言われている「禁欲育毛は、根本的に理論が破綻している」ことを証明していますね。

ですので、仮にあなたが現在、薄毛対策として禁欲生活をしていたとしたら「もう我慢はしなくて良いんです」と伝えたいところです。

悪いのはあなたではなく、シッカリと調べもせずに「デタラメな情報を正しいと勘違いして広めている一部の人」ですので。その努力や頑張りは、正しい薄毛対策に向けてあげて下さい。

 

毎日オナニやセックスをして射精をしてもハゲない?

ここまで、オナニーをしてもハゲ・薄毛にならない理由について説明してきました。ここまで読んで下さった方の中には「オナニ―をしてもハゲないなら好きなだけできるな」と思う方もいるかもしれません。

ですが、オナニ―のし過ぎ、セックスのし過ぎは薄毛を招く原因になります。というのも、「射精を1回するごとに髪の元になる栄養を大量に失うから」です。

 

1回の射精で失う栄養
・タンパク質 ・アミノ酸 ・ビタミン ・亜鉛 ・カルシウム ・クエン酸 ・マグネシウム ・ナトリウム ・グルタチオン ・炭水化物 ・脂質 ・コレステロール ・デオキシリボ核酸 ・アルギニン

タンパク質やアミノ酸、ビタミン群やミネラルといった成分は、髪の元になる重要な栄養素なので、射精のし過ぎは禁物です。何事も適度にが大切ですね。

髪の栄養なんて関係ないと思う方もいるかもしれませんが、漢方で髪は「血余」と言われていて、文字通り髪は余った血で作られると考えられています。

ここでいう「血」とは、血液ももちろん含まれますが、体の栄養やエネルギーなど広い意味も含まれていて、ようするに「髪は身体に余った栄養で作られる」というわけです。

食事で摂った栄養は、生命維持に必要な心臓や内臓、血管などの修復・成長を優先して消費されますので、髪の成長に使われる栄養というのは限られているのです。

栄養不足 = 薄毛を進行させると言っても大げさではなくて、過度なダイエットをして体が栄養不足になると、抜け毛が増えて薄毛が進行することも分かっています。

実際、心臓や血管に比べたら、髪の毛はなんの為に生えているか分からないですよね。苦笑

髪の栄養不足にならないためにも、1日に何回も射精をして、髪の元になる栄養を失うのは避けましょう。何事も限度がありますからね。

 

セックスやオナニーをしてハゲる人の共通点

ここまで、オナニーをするとハゲる薄毛になるという噂がウソであるという理由について説明してきました。

オナニーをした程度ではハゲる事はないので、ストレスの溜まる禁欲生活をする必要はありません。

ただ、1点だけ注意点がありまして、セックスやオナニーをしてハゲる人には共通点があります。

 

どんな共通点なのかというと
  • AGAを発症している(将来発症する可能性がある)
  • 髪の栄養不足

上記に当てはまる場合は、オナニーやセックスで射精をするとハゲ・薄毛になる可能性があるので注意して下さい。

多少ややこしく感じるかもしれませんが、AGAを発症していなければ、男性ホルモンがどんなに増えようとハゲる事はないので、確かめておくと安心できます。

もしもあなたが「自分はAGAを発症しているかも」「将来AGAを発症する可能性があるかも」と少しでも感じた場合は、AGAセルフチェックで確かめてみることをお勧めします。

>>AGAセルフチェックで自己検査

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。