「効果は?」Deeper 3Dの薄毛対策効果・口コミ詳細・体験談レポ

発毛率が90%を超える毛髪再生医療と同じ成分を配合したDeeper 3D。このDeeper 3D最大の特徴は、医療クラスの育毛剤を自宅で行えるところ。

今まで様々な育毛剤を調べて実際に試してきましたが、効果だけで判断するならDeeper 3Dが間違いなく最強であると断言します。

今までの育毛剤とは配合されている成分が違いますし、育毛・発毛に対するアプローチが全く違います。

特に、回復が最も難しいと言われている生え際の後退や薄毛に悩んでいる方には、Deeper 3Dを試して変化と効果の違いを体験してみて欲しいと思います。

>>Deeper 3D公式サイトはこちら

 

Deeper 3Dを選んだ理由

毛髪再生医療と同じ成分が使える

Deeper 3Dには、発毛率が90%を超える毛髪再生医療と同じ成分が配合されています。

冒頭でもお話ししましたが、Deeper 3D最大の特徴は医療クラスの育毛を自宅で行えるところです。

具体的にどんな毛髪再生医療と同じで、どんな成分が配合されているのかというと、ハーグ療法やグロースファクター療法と同じ「成長因子」という成分がDeeper 3Dには配合されています。

この成長因子という成分を使ったハーグ療法が、発毛率が90%を超えるほど高く副作用の報告が殆んどなくて良いと評判なのです。

なぜ発毛率が高い上に副作用がないのかというと、「成長因子」という物質は元々人の身体に存在していて、毛母細胞や毛乳頭細胞の維持・増殖・成長を促す働きがあるからなのです。 簡潔に説明すると、成長因子には発毛を促し髪を抜けにくくする働きがあります。

成長因子

発毛を促し髪を抜けにくくする成長因子。薄毛と大きく関係していることが分かりますよね。

ですが、成長因子は加齢と共に生産量が年々減少していきます。それと共に、髪のミニチュア化、発毛不全、細い髪が増える原因になるのです。 加齢による薄毛は、成長因子が減ることが原因の一つと言われているほどです。

そこで、最先端の毛髪再生医療であるハーグ療法では、加齢とともに減少する成長因子を直接頭皮下に注入することで発毛を促していくというわけです。実際にどんな施術が行われているのかは、下の動画をご覧になって見て下さい。

この毛髪再生医療であるハーグ療法は、発毛率が90%を超えるほど高く副作用がないと評判なのです。加齢とともに減少する成長因子を使うので、発毛率が高く副作用がないのも当然といえますね。

ですが、これらの毛髪再生医療は保険が効かないので治療費が100万円ほどかかるほど高額、もっと掛かる方もいるようです。発毛率が高いからこそ実際に試してみたくなりますが、さすがに100万単位の治療費を払うのは難しいですよね。

ですが、Deeper 3Dは毛髪再生医療と同じ成長因子が主体になっているので、発毛率が高い医療クラスの育毛を自宅で行えるようになっているのです。私がDeeper 3Dを選んだ一番の理由です。

※ Deeper 3Dが販売されてから成長因子配合を謳った育毛剤が続々と登場していますが、医療と同じ成長因子を配合しているのはDeeper 3Dだけです。 Deeper 3Dに配合されている成長因子は8種類にも及びます。

 

副作用のないAGA対策ができる

薄毛に悩む男性の3人に1人が発症しているとされるAGA(男性型脱毛症)

※ AGAとは、生え際が薄くなりおでこが広くなる、頭頂部の髪が薄くなるなど男性特有の薄毛の症状のこと。

薄毛に悩む男性の場合はAGA対策が必須で、AGAを改善することで抜け毛や薄毛が改善するケースが非常に多いです。(実際、私もAGAを改善したことで薄毛が改善しましたから)

そして、Deeper 3DにはAGAを改善するキャピキシル、5αアボキュータ、グルコン酸亜鉛などの成分が豊富に配合されています。

特にキャピキシルという成分は、臨床試験データが公開されているので非常に信憑性が高い成分といえます。

キャピキシルの臨床試験データは、Deeper 3D公式サイトからタウンロードできるので確かめたい方は、実際にその目でご覧になってみて下さい。

キャピキシルの臨床試験データダウンロード方法

>>キャピキシルの臨床試験データはこちら

 

キャピキシルの臨床試験データ検証

念のため、実際に行われたキャピキシルの臨床試験データを元に、徹底検証した結果をご報告しておきます。

キャピキシルの臨床試験は、以下のように行われました。

キャピキシルの臨床試験方法

どんな試験が行われたのかというと

  • 平均年齢46歳のAGA患者30人に協力してもらった。
  • 15人にはキャピキシル5%を塗布、残り15人にはプラセボを塗布した。
  • 1日1回夜に20滴、キャピキシル5%およびプラセボ(偽薬)をそれぞれ4ヶ月間使ってもらった
  • 4ヶ月後、それぞれの使用前と使用後の頭髪の状態を比較した

※ プラセボとは有効成分の入っていない偽薬のことで、キャピキシルの偽薬の結果を比較することで、キャピキシルにはAGA改善効果があるのか判断します。

 

そして、キャピキシルの臨床試験の結果がこちらです。

キャピキシルの臨床試験結果

グラフのみかたは、左側が成長期(発毛)の本数の変化。右側が休止期(抜け毛)の本数の変化です。

グラフを見ても分かります通り、AGA患者にキャピキシルを塗布したことで発毛が促進され、抜け毛が減ったことが分かります。

上記のグラフを、発毛と抜け毛に分けて詳しく見ていきましょう。

 

成長期(発毛)の本数の変化

成長期(発毛)の本数の変化

このグラフをみると、プラセボ・偽薬(左側)の方は成長期の髪が2%減少したのに対して、キャピキシルを塗布した場合(右側)は成長期の髪が13%も増えたことが分かります。

つまりキャピキシルを塗布したことで、発毛が促進されたということです。

 

休止期(抜け毛)の本数の変化

休止期(抜け毛)の本数の変化

このグラフをみると、プラセボ(左側)の方は休止期の髪が23%も増えたのに対して、キャピキシルを塗布した方(右側)は29%も休止期の髪が減った事が分かります。

つまり、キャピキシルを塗布したことで抜け毛が圧倒的に減ったということが分かります。

 

キャピキシル使用前・使用後の画像による毛髪量の変化

下の画像は、AGA患者へのキャピキシル使用前と使用後の頭皮を撮影し比較した画像です。

キャピキシルを塗布した患者の頭皮画像

上記の画像を見ても分かります通り、キャピキシルを塗布したことで明らかに髪の毛が増えていることが分かります。

臨床試験データが示す通り、キャピキシルにはAGAによる脱毛症を改善し発毛を促す効果があります。

何よりも、臨床試験データが公開されていますので、この事実は疑いようがありません。

さらに、Deeper 3Dにはキャピキシルに加えて、5αアボキュータ、グルコン酸亜鉛などAGAを改善する成分が豊富に配合されていますのでAGA改善効果が他の育毛剤よりも高いのです。

しかも副作用がないので、安心してAGA治療に取り組めます。

 

育毛ではなく「発毛」

Deeper 3Dを選ぶ1番の理由は、育毛ではなく発毛を望めるところです。

ここであえて「発毛」と強調するのにも理由があり、Deeper 3Dに配合されている成分は、今までの育毛剤には殆んど配合されていません。

つまり、今までの育毛剤で効果を得られなかった方でも高い効果を期待できるということです。

その代表的な成分が、毛髪再生医療と同じ成長因子8種類、キャピキシル、5αアボキュータ、グルコン酸亜鉛、銅ペプチド、りんご果実培養細胞、ビオチンなどです。

特に、医療と同じ成分成長因子が使えるのはDeeper 3Dのみですので、育毛ではなく発毛を望めます。

 

生え際の回復を加速させる

薄毛対策の中でも、特に回復が難しいと言われている生え際の薄毛ですが、Deeper 3Dだからこそ高い効果と結果が望めます。

Deeper 3D利用者の口コミを見ていても、生え際の回復にDeeper 3Dを使っている方が多く、使い始めてから産毛が生えてきた、生え際の髪が濃くなったという口コミと評判が非常に多いです。

それもそのはずで、Deeper 3Dは今までの育毛剤と「発毛に対するアプローチも概念も全く違います」し、医療と同じ成分を配合しているので効果が高いのも当然です。

今まで様々な育毛剤を調べては試してきましたが、今後数年はDeeper 3Dを超える育毛剤は登場しないと思います。

それほど、Deeper 3Dの生え際の回復力は群を抜いている印象です。

 

Deeper 3Dを使った体験談レポ

生え際だけに使うなら充分な量

私は生え際の薄毛回復に向けてDeeper 3Dを使っていますが、生え際だけに使うのであればDeeper 3Dは2から3ヶ月ほど持ちます。

下の画像はDeeper 3Dを2ヶ月半使った時点での残りです。

Deeper 3D

この調子ならDeeper 3D 1本で3ヶ月くらいは持ちそうですね。

後ほども触れますが、Deeper 3Dは1本あたりの値段が13,860円もするので非常に高いです。他の育毛剤と比較すると、値段の高さが際立ちます。

ですが、1本で2.3ヶ月持つのであれば他の育毛剤よりも安い上に効果が高いことが実際に使ってみて分かりました。

私と同じように生え際だけに使うのであれば、効果が高いDeeper 3Dは非常におすすめできる製品です。

 

生え際の回復に想像以上の効果があった

Deeper 3Dは生え際の回復に想像以上の効果がありました。

さすがに、1.2ヶ月でフサフサになるなんて事はありませんが、Deeper 3Dを使い始めて3ヶ月も経つ頃には、生え際に何本も産毛が生えて来るのを確認できます。

Deeper 3D

生え際の薄毛に悩んでいる方なら分かると思いますが、頑固な生え際薄毛の場合”産毛を生えさせることすらも難しい”です。

これが本当に難しい。苦笑

ですが、生え際に濃い産毛が何本も生えて来るのを確認できる時点で、Deeper 3Dの効果の高さは間違いなかったと判断しています。

生え際の薄毛に悩んでいる方には、Deeper 3Dを使って起こる変化と結果をその頭皮で体験してみて欲しいですね(私が1番感動していますから)

※ 追記2本目を使い終えて半年ほど経ちましたが、髪が生えてなかった所から産毛が生えてきました!(産毛レベルなのですが)

毎日鏡を見ていて感じる変化なのですが「おでこが狭くなった」ように感じます。毛の生えてない部分が減っている感覚です。

Deeper 3Dを3本まとめ買いをしたので、残りの1本使い切ってみて更なる変化と効果に期待したいと思います。

 

Deeper 3D本体を節約できるお試しボトル

公式サイトからDeeper 3Dを注文するとお試しボトルが付いてきますが、個人的にこのお試しボトルの存在が非常に有難くて、お試しボトル1本で7日は余裕で持ちます。

Deeper 3Dのお試しボトル

つまり、7日間はDeeper 3D本体を使わずに節約できるということ。

Deeper 3Dは1本あたりの値段が高いので、本体を節約できるお試しボトルの存在は非常に大きいです。実際に使ってみると、お試しボトルの有り難さが分かります。

※ Deeper 3D本体を持ち歩けない時は、ミニボトルに育毛液を入れて持ち運ぶ便利な使い方も出来ます。

旅行や出張の時に非常に便利なのでおすすめです。

 

使用量が確認できるので無駄がない

Deeper 3Dはスポイト式になっていますが、スポイトにはそれぞれ0.5mlと1mlのメモリが振ってあるので、一回の使用量が確認でき無駄なくシッカリ使えます。

Deeper 3Dのスポイトメモリ

Deeper 3Dの推奨使用量は1回1mlのようですが、節約して使いたい方のために0.5mlが書かれているようです。

Deeper 3Dと同じようにスポイト式になっている育毛剤の多くはスポイトにメモリが書かれていない製品がほとんどです。 そういった製品は、本当に細部まで計算して作られているのか疑問ですし親切ではないと感じます。

その点、Deeper 3Dは細部までシッカリと計算されて、薄毛に悩む方のことを考えて作られていることが感じられます。スポイトにメモリが振ってあると非常に分かりやすくて使い易いです。

 

ニオイやベタつきがなくて使いやすい

Deeper 3Dニオイは、爽やかな柑橘系の香りがします。 頭皮につけると分からないので、育毛剤を使っているとは誰にも分かりません。

Deeper 3Dの育毛液

ベタつきも一切ないので、頭皮や髪がベタつく事もないので、非常に使い易い製品と言えます。

そして、Deeper 3Dの液体はご覧になったもらうと分かります通り、鮮やかなピンク色をしています。

Deeper 3Dの育毛液

初めてご覧になった方は驚かれるかもしれませんが、これは決して着色料を使っているわけではなく、Deeper 3Dに配合されたビタミンB12の特色によるものです。

ビタミンB12は別名、赤いビタミン、造血ビタミンと呼ばれていて、毛髪の構造維持や血管修復効果があります。

しかも、ビタミンB12は髪の元になるビタミンでもあり、現代人にとって不足しがちなビタミンの一つでもあるのです。

特に、タバコを吸っている方はビタミンB12を絶望的なほど破壊しているので、発毛を促すためには髪の元になるビタミンB12の補給が必須。

ビタミン類は食事でとっても吸収率が悪く、経皮吸収させた方が「吸収率が高い」ので、Deeper 3Dは頭皮から直接ビタミンB12を吸収させるようになっているわけですね。

ですので、先ほどもお話ししました通りDeeper 3Dの液体がピンク色なのは着色料を使っているからではなく、髪の元になるビタミンB12の特色によるものですので頭皮と髪にいいのです。

ニオイもべたつきもなく、細部まで計算されたDeeper 3Dは使い易い製品です。

 

Deeper 3Dのダメなところ・デメリット

Deeper 3Dの効果には大満足です。中々改善しなかった生え際薄毛にも関わらず、濃い産毛が無数に生えてきていますし、生え際の髪が濃くなりおデコが狭くなったように感じます。

生え際の発毛目的で選ぶなら、Deeper 3Dが最強なのは間違いないです。私の頭皮で起こった変化を体験しているので間違いないですね。

効果に満足しているのでDeeper 3Dを続けようと思いますが、やはり1本あたりの値段の高さが気になります。

ですので、Deeper 3Dのデメリットをあげるとすれば値段の高さくらいです。

公式サイト 1本あたりの値段
単品 13,860円 13,860円
3本 37,200円 12,400円
6本 61,270円 10,211円

上記をご覧になって頂くと分かります通り、Deeper 3Dは一本あたりの値段が高いです。

まとめ買いをする事で安く手に入れる事は出来ますが、安くなるといっても他の育毛剤と比較すると値段が高いと感じます。苦笑

商品名 値段
Deeper 3D 13,860円
チャップアップ 9,090円
ボストン 12,800円
ザスカルプ 10,000円
ポリピュアEX 6,800円
ブランテル 6,980円

なぜここまでDeeper 3Dの値段は高いのかというと、毛髪再生医療と同じ”成長因子を配合”しているからなのです。

成長因子は原価が非常に高くて驚くような値段がします。調べると分かりますが、とても個人が買えるような代物ではありません。苦笑

 

冒頭で、発毛率が90%を超える毛髪再生医療の治療費は100万円かかるとお話しした事を覚えていますか? この毛髪再生医療の治療費が高いのは、原価の高い成長因子を使っているからなのです。

Deeper 3Dは毛髪再生医療と同じ成長因子が主体となっているため、1本あたりの値段が高くなるのです。

そして、医療と同じ成長因子を高配合しているのはDeeper 3Dだけです。他にも”成長因子配合”としている育毛剤もありますが、不自然に割引率が高いので信用できません。

成長因子の原価の高さを知っているからこそ分かります。徹底的に調べ尽くしているので。

実際、毛髪再生医療で処方される育毛剤は1本2万円以上するようなので、それを知っていればDeeper 3Dはむしろお得だとすらいえます。

 

生え際だけに使うのであれば1本で2.3ヶ月は持ちますし、仮に3本まとめ買いをして1本で2ヶ月使える計算をすると、1ヶ月あたりのコストは6,200円で済みます。

他の育毛剤と比較してみると

商品名 値段
Deeper 3D 6,200円
チャップアップ 9,090円
ボストン 12,800円
ザスカルプ 10,000円
ポリピュアEX 6,800円
ブランテル 6,980円

他の育毛剤よりも、むしろ安く済む。

1ヶ月6,200円で済む計算は、私が実際にDeeper 3Dを生え際だけに使っているので間違いないです。

他の育毛剤よりも効果が高い上に安く使える。一見すると値段が高いと感じるDeeper 3Dですが、緻密に計算して使っていると実は驚くほど高くないんです。

ですので、Deeper 3Dで薄毛対策を成功させるとお考えの方は、できる限りまとめ買いをおすすめします。

 

Deeper 3Dを1番安く手に入れて損をしない方法

ここからは追記になりますが、読者の方々から「Deeper 3Dはどこから買っていますか?」という質問を何度も頂くので、ここでまとめて説明します。

結論から先にお話しすると、Deeper 3Dは公式サイトから購入する方法が1番安く手に入り損をしない賢い方法です。

なぜかというと、公式サイトのみDeeper 3Dのお試しボトルが付いてきて、公式サイト会員限定で定期的にセールが行われるからです。

Deeper 3Dは楽天とヤフーショッピングでは取り扱いがなく、Amazonからのみ販売されていますが、公式サイトなら手に入るお試しボトルと全額返金保障がAmazonにはありません。

返金保障が付いてない時点でお金を無駄にするリスクがありますし、1本で7日間は持つお試しボトルが手に入らないのは損です。

1本あたりの値段が高いDeeper 3Dを1ヶ月6,200円で使えているのは、お試しボトルがあるからこそですので(3本まとめ買いをしているのもありますが)

ですので、Deeper 3Dで生え際を回復させる・今度こそ成功させるとお考えの方は、私と同じように公式サイトからの注文をおすすめします。

念のため、楽天やAmazonで調べた結果もご報告しておきますね。

 

楽天・ヤフーショッピングの場合

Deeper 3Dを楽天市場で探した場合

先ほどもお話ししました通り、Deeper 3Dは楽天とヤフーショッピングでの取り扱いはありません。

特になんでも揃うイメージのある楽天で取り扱いがないことは驚きですね。

 

AmazonでDeeper 3Dを調べた場合

Deeper 3Dをアマゾンで探す

AmazonではDeeper 3Dが販売されていますが、公式サイトなら手に入るお試しボトルと全額返金保障がAmazonでは付いてきません。

Amazon 公式サイト
単品 13,860円 13,860円
(ミニボトル2本)
3本 37,200円
(ミニボトル3本)
6本 61,270 61,270
(ミニボトル4本)

万が一肌に合わなかった場合を考えると、全額返金保障が付いてない時点でお金を無駄にするリスクがあります。

また、1本で7日間は持つお試しボトルが手に入らないのは損です。

上記の理由から、私はDeeper 3Dを公式サイトから購入しています。公式サイトであれば、お試しボトルが手に入りますし、全額返金保障が付くのでお金を無駄にするリスクがなく、なお且つ安くDeeper 3Dを続けられますからね。

また、公式サイト会員になっておくと、不定期で行われる会員限定SALEでDeeper 3Dを安く手に入れることが出来るので、公式サイトから注文した方が断然お得です。

Deeper 3Dで生え際薄毛を改善する・成功させるとお考えの方は、損をしない公式サイトから注文して下さいね。

>>Deeper 3D公式サイトはこちら

 

Deeper 3Dをおすすめできる人は?

試してみないとDeeper 3Dの高い効果とお得さは分かりにくいというデメリットはありますが、Deeper 3Dの効果には非常に満足しています。

Deeper 3D

だからこそ、Deeper 3Dを続けていますし、それに伴い生え際に濃い産毛が生えて来て、薄くなっていた生え際が濃くなり、おでこが狭くなった感覚があります。

今までの育毛剤では、ここまでの変化と効果を実感できませんでしたがDeeper 3Dだからこそ実感することができました。

ですので、生え際薄毛の回復であればDeeper 3D以上の育毛剤はないと断言します。

医療と同じ成分を配合しているのはDeeper 3Dだけですし、実際に使って効果と変化を実感したからこそDeeper 3Dの守りと攻めの効果の高さが分かりました。

Deeper 3Dの登場以来、成長因子配合やキャピキシル配合など”Deeper 3Dの真似”をした育毛剤が多数登場していますが、所詮マネでしかなく”細部の粗さ”が目立ちますし効果なんて知れてます(効果が低いという意味で)

基本的に”原価の高い成長因子を配合していたら”安い!と感じるような値段設定にはできません。 Deeper 3Dの値段を知れば明らかですね。

ですが、成長因子を配合してDeeper 3Dのデザインを真似して”安い”と感じる値段設定にしている育毛剤が続々と登場しています。

そういった育毛剤を見るたびに、薄毛に悩む方からお金を抽出するだけしか考えていないように感じますし、効果の低い製品を高額で売りつけているようにしか思えません。

そんな育毛剤で「生え際の薄毛が回復するはずがない」のですが、そんなことがまかり通っているのが育毛業界の実態です。

そういったメーカーと比べると、Deeper 3Dは天と地ほどの差がありますね。

医療と同じ成分を初めて配合し、エビデンス(化学的根拠)を満たしているのはDeeper 3Dだけです。

また、「公式サイトから注文するとDeeper 3Dには全額返金保証が付いている」ので、お金を無駄にするリスクがないので安心です。

生え際の薄毛に悩んでいる方、生え際の後退や年々広くなっていくおでこに危機感を感じている方は、Deeper 3Dを試してみて下さい。今まで何を使ってもダメだったのがウソのように感じますから。

>>Deeper 3D公式サイトはこちら

 

お試しボトルと全額返金保障が付くのは、上記公式サイトだけですので、その点は気をつけてくださいね。

非常に長くなってしまいましたが、ここまで読んで下さったあなたなら、間違いなく生え際の薄毛対策を成功させられると思います。自信を持って突き進んでください。

最後まで読んで下さりありがとうございました。