薄毛対策のド基本!ヘアサイクル(毛周期)とは?理論と期間について解説

生え際や頭頂部の薄毛を改善させる為に、育毛剤や育毛サプリを選ぼうとしている方、または既に使っている方も多いかと思いますが、意外な事に「髪のヘアサイクル(毛周期)について知らない方が多い」ようです。

髪のヘアサイクルとは、一定の周期で髪が生え変わることを言います。

流れとしては、髪が生えて来てグングン育ち、やがて髪の成長が止まり、成長が止まった髪が抜け落ちる。そして再び生えてくる。この一連の流れ(周期)をヘアサイクルというわけです。

で、このヘアサイクルは髪の悩みを抱えている方はもちろんのこと、育毛・発毛の為に育毛剤を使っている方、育毛サプリを飲んでいる方は、知らないと損をする・噂やデタラメな情報に流されることになるので、知らなかった方は必ず覚えておいてください。

既に知っている方でも、正しいヘアサイクルの理論を理解している方が少ないので、改めて確認しておいてほしいですね。

というわけで、ここではヘアサイクル(毛周期)の理論と、1カ月で伸びる髪の長さや一日に抜ける髪の本数についても、まとめて解説します。

 

ヘアサイクル(毛周期)の正しい3ステップ

髪のヘアサイクルには3つのステップがあります。

  • 髪がグングン育つ「成長期」
  • 髪の成長が鈍くなる「退行期」
  • 髪が抜けるのを待つ「休止期」

この3つのステップを繰り返すことで、髪は一定の周期で常に生え変わっているわけです。

ヘアサイクルには3つのステップ

それは、次の項目で「成長期」「退行期」「休止期」について詳しく説明していきます。

 

髪がグングン育つ「成長期」

成長期は、人間でいう育ちざかりの10代といった感じで、成長期にある髪の毛は毛母細胞の分裂が最も活発で、髪が太く長くグングン育ちます。

産毛も含め、今生えている髪の9割が成長期の髪と言われています。

 

髪の成長が鈍くなる「退行期」

成長期が終わると次にやってくるのが「退行期」

この退行期は、人間でいう黄昏時といった感じで、退行期に入ると髪の成長が一気に鈍くなります。

 

髪が抜けるのを待つ「休止期」

髪の成長が鈍くなる退行期が終わると、最後に訪れるのが「休止期」です。

休止期に入ると髪の成長が完全に止まり、後は髪の毛が抜けるのを待つ状態になります。

この休止期の時に、新しい髪が生えてくる準備が行われ、休止期が終わると再び成長期に戻っていきます。今生えている髪の10%は休止期の髪と言われています。

ヘアサイクルには3つのステップ

また、「成長期」「退行期」「休止期」には、それぞれ以下のような期間があります。

  • 成長期 ・・・ 2~6年
  • 退行期 ・・・ 2~3週間
  • 休止期 ・・・ 3ヶ月

正常なヘアサイクルであれば、どんなに短くても髪の寿命は2年ほどあるということです。 寿命の長い髪は6年も生え続けている計算になります。

これが薄毛対策のド基本になるヘアサイクルの理論と、それぞれ3ステップにある概要です。

 

ヘアサイクルは髪1本1本で違う

先ほどまで説明したヘアサイクルというのは、人間だけでなく犬や猫などの動物にもあります。

犬や猫を飼っている方なら分かると思いますが、季節の変わり目にブラシをかけていると「こんなに毛が抜けるのに何故ハゲないんだ?」と思うほど毛が抜けますよね(本当に羨ましい限りですが。苦笑)

しかし、人間の場合は犬や猫とは違い、ヘアサイクルは髪1本1本で違うので髪が一気に抜け落ちるようなことはありません。

ようするに、ある日突然ハゲになる・薄毛になることは無いということです。その証拠に「朝起きたらツルッパゲになっていた」なんて人は聞いた事がないですよね。

人の髪が薄くなる時は、徐々に徐々に薄毛が進行していき「気づいたら髪が薄くなっていた」という状態が殆んどです。

薄毛予防をする重要性がネットや雑誌を中心に言われていますが、薄毛予防をするのが重要な理由はヘアサイクルは髪1本1本で違い、薄毛が進行する時は徐々に徐々に進行していくからなんです。

 

1ヶ月で伸びる髪の長さ

髪は1カ月で1cm伸びると言われていますよね。 しかしこれはあくまでも平均値でしかなく、1カ月で髪が伸びる長さには個人差があります。

ヘアサイクルの成長期にある髪の毛というのは、1日0.3~0.5mm伸びると言われていて、髪が伸びるのが早い方は1カ月で1.5cmも髪が伸びます。遅い人でも0.9mmは伸びるということです。

ちなみに、エロいと髪が早く伸びるといった噂もありますが、あれは科学的根拠が全くないデタラメです。

学生時代に髪が早く伸びる人を見つけて「エロいから髪が早く伸びるんだよ」「早く髪が伸びるってムッツリスケベの証拠じゃん」といったやり取りをしたり・しなかったりだと思いますが、10代の頃は細胞分裂が活発で髪が早く伸びるだけです。苦笑

また、夜更かしをすると髪が早く伸びるといった噂もありますが、それも科学的根拠が全くないデタラメですので、信じないようにしましょう。むしろ、夜更かしは健康な髪の成長を邪魔するだけですので。

※ 夜更かしをして早く伸びるのはヒゲと体毛だけです。

 

髪は1日何本抜けるの?

ヘアサイクルの理論を知っていると、1日に抜ける髪の本数は50~100本くらいは当たり前だということが分かります。

今生えている髪の10%はいつ抜けてもおかしくない髪の毛ですし、髪は抜けても再び生えてくるので1日50~100本くらいの髪が抜けても問題はないのです。

それなら、1日100本以上髪が抜ける場合は異常なのか?というと、極端な話、1日200本髪が抜けたとしても人によってはそれが正常といえます。

どういう事か説明すると、髪が伸びる長さやヘアサイクルにも個人差があるので、抜け毛の本数を見て「ここまでは正常・ここからは異常というのは断言できない」んです。これは、クリニックや専門医に効いても同じことですので間違いありません。

問題なのは抜け毛の本数ではなく「抜け毛の質」です。

薄毛になる人・すでに薄毛の人には抜け毛に特徴があり、必ずといって良い程「質の悪い抜け毛の特徴」に当てはまります。

>>薄毛になる人の特徴的な抜け毛チェック