本当なの?男性ホルモンが増えるとハゲる薄毛になるという噂の真相解明!

学生時代から本当っぽい話として知っている「男性ホルモンが増えるとハゲる薄毛になる」という噂。

この噂は本当なのかウソなのか?結論から先にお話しすると、半分本当で半分ウソということになります。

最近の研究で、男性ホルモンは薄毛の直接的な原因ではないことが分かっていますので間違いない事実であり真実です。

ただ、男性ホルモンが増えることでハゲる人薄毛にならない人に分かれるのも事実で、だからこそ「半分本当で半分ウソ」という結論になるわけです。

あなたは男性ホルモンが増えるとハゲる人ですか?薄毛にならない人ですか?そのチェックもかねて最後まで読んでみて下さい。

 

男性ホルモンが増えてハゲる人・薄毛にならない人

男性ホルモンの分泌が増えてハゲる人には、ある共通点があります。その共通点とはAGAを発症している・将来発症する可能性が高いかどうかです。

AGAとは男性型脱毛症の略で、AGAを発症すると「生え際が後退しておでこが広くなる・薄くなる、頭頂部の髪が薄くなる・生え際と頭頂部の両方が薄くなる」といった男性特有の薄毛症状があります。

AGAと男性ホルモンは密接な関係があって、AGAは男性ホルモンが薄毛の原因になるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化してしまうことで発症します。

ただ、誤解しないでほしいのは「男性ホルモンはAGAの直接的な原因ではない」ということ。

男性ホルモンが増える = AGAを発症する(薄毛になる)のではなく、男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されてしまうことがAGAの原因(薄毛の原因)です。

>>AGAの原因と発症メカニズムを解説

 

つまり、どんなに男性ホルモンの分泌量が多かったとしても「AGA(男性型脱毛症)を発症していなければハゲることはない」ということです。

ですので、極端な話、毎日筋トレをする筋骨隆々でガチムチのマッチョであっても、ドスケベで毎日オナニーやセックスをする変態男子だったとしても、AGAを発症していなければ男性ホルモンが増えたところでハゲることはありません。

「本当かよっ苦笑」と思う方もいるかもしれませんが、これは本当です。その証拠として、とある博士が行った実験データがあります。

 

男性ホルモンは薄毛の直接的な原因ではない

男性ホルモンの分泌量がどんなに多かったとしても、増えたとしても、AGA(男性型脱毛症)さえ発症していなければハゲる事はありません。

と先ほどお話しましたが、その根拠となるデータがハミルトン博士の実験です。

これは、アメリカのハミルトンという博士が「男性ホルモンと薄毛の関係性を実験」したものです。

その実験結果によると

  • 去勢された男性、つまり睾丸を摘出し男性ホルモンを作れなくなった人はハゲになることはなく、ハゲが進行中の人の睾丸を摘出した場合ハゲはそれ以上進行しない。
  • ハゲ進行中に去勢され、ハゲの進行が止まっていた人に男性ホルモンを注射すると再びハゲた。
  • 元々ハゲていなかった男性は、去勢された後男性ホルモンを注射してもハゲない。

キン玉袋を摘出するとは、中々過激なことをする博士ですが。苦笑

これだけを見ると「よく分からない」と感じる方もいるかもしれませんが、先ほどの実験結果はようするに

  • 男性ホルモンが作れなくなった人はハゲることがなかった。既にハゲている人でも、男性ホルモンが作れなくなるとハゲの進行が止った
  • ハゲている人が男性ホルモンを作れなくなり、ハゲの進行が止まっていた後に男性ホルモンを注射すると、その人は再びハゲ始めた。
  • 元々ハゲていなかった男性は、男性ホルモンが作れなくなった後に男性ホルモンを注射してもハゲなかった。

という事になります。

これだけを見ると「薄毛の原因は男性ホルモンじゃないの?」と感じる方がいるかもしれませんが、重要なことを伝えているのが3番目の「元々ハゲていなかった男性は、男性ホルモンが作れなくなった後に男性ホルモンを注射してもハゲなかった。」という実験結果。

これはつまり、男性ホルモンそのものが薄毛を招くのではなく、体質的・遺伝的にハゲになりやすい人の男性ホルモンが増えるとハゲやすい・薄毛になりやすいということです。

 

じゃぁ体質的・遺伝的にハゲやすい人はどんな人なのか?というと、AGA(男性型脱毛症)を発症している・将来発症するリスクがあるかどうかという事になます。

AGAを発症していると男性ホルモンが増えるとハゲる

初めに、男性ホルモンが増えてハゲる人には「AGAを発症している共通点がある」とお話ししましたよね?その理由も、科学的に証明されているからこそ断言できるわけです。

男性ホルモンが増えてハゲるのではなく、AGAを発症していると男性ホルモンが増えることでハゲ・薄毛になりやすくなる・進行する。

ですので、男性ホルモンが増えてハゲ・薄毛にならないか心配・・・もしかしたらAGAを発症しているかも・・・と感じる場合は、一度AGAセルフチェックで確かめてみて下さい。

>>AGAセルフチェックで自己検査

 

なぜハゲる・薄毛になると言われているのか?

そもそもなぜ「男性ホルモンが増えるとハゲる薄毛になる」と言われているのか?しかも、その噂がいかにも本当っぽく感じられるのか?

この問いには色々と考えられる要素がありますが、おそらく「ヒゲや体毛の濃い男性に薄毛の人が多かったから」ではないかと考えられます。

ヒゲや体毛の濃い男性にハゲ・薄毛の人が多かった
↓ ↓ ↓
ヒゲや体毛が濃いと男性ホルモンが多い証拠
↓ ↓ ↓
男性ホルモンが多いとハゲ・薄毛になる

実際、ヒゲや体毛が濃くなる原因の一つは男性ホルモンが関係しているので、間違ってはいない薄毛の方程式ではありますが。苦笑

ただ、何度もお話ししていることですが、男性ホルモンの分泌量が多かったとしても、AGAさえ発症していなければハゲることはありません。

ネットを見ていると「薄毛克服のために!男性ホルモンを抑制する方法」などと過激なことを書いている記事を見かけますが、もっとシッカリ調べて裏を取って確証を得てから記事にするべきだと思います。

そもそも根本的に「男性ホルモンの抑制は不可能」ですし、現代人は放っておいても男性ホルモンが減りやすいと言われています。

 

現代人は放っておいても男性ホルモンが減りやすい

ここまで読んで下さった方なら、「薄毛を改善する為に男性ホルモンを抑制しよう」などという、無意味で時間と努力が無駄になる知恵遅れな方法は考えないと思います。

男性ホルモンは薄毛の原因ではなく、AGAが薄毛の原因ですので。

ですが、念のために「男性ホルモンが抑制できない理由と、放っておいても男性型ホルモンが減少しやすい根拠」を説明しておきます。

根本的に男性ホルモンを抑制できない理由は以下の通りです。

  • 睡眠中
  • 勝負事に勝った時
  • 異性と接近している時
  • 性的興奮を感じた時
  • 運動後
  • 仕事や趣味で達成感を感じた時

上記をご覧になってみて、男性ホルモンが抑制できると思いますか?思わないですよね。

中でも、男性ホルモンの分泌量がピークを迎えるのは睡眠中とされていて、午前4時~6時にかけて男性ホルモンの分泌が最大になるといわれています。

男性なら「朝立ち」の経験があると思いますが、まさにあれです。

人が避けられない睡眠中に男性ホルモンの分泌量がピークを迎えるわけですから、男性ホルモンを抑制しようとすること自体が無駄な努力になってしまいます。しかも、薄毛とは直接関係ないわけですからね。

わざわざ男性ホルモンを抑制しようとしなくても、インスタント食品が多く、「ストレスフルな社会で暮らす現代人は、放っておいても男性ホルモンが減少しやすい時代」といわれています。

少し前に流行りましたが、女性に対して消極的な男性を現した「草食系男子」というのは、まさに男性ホルモンの低下を表している言葉といえます。

さらに、近年では鬱・鬱予備軍患者の増加、ED(勃起不全)に悩む患者が増えていることも、男性ホルモンの低下が招いた症状といえます。あなたが知っている・思っている以上に、男性ホルモンは心と体と密接な関係があるのです。

以下で説明しますが、間違っても「薄毛を改善する為に、男性ホルモンを抑制しよう」だなどと考えないでくださいね。

 

男性ホルモンが減ると招く心と体の病気

男性ホルモンが減ると、以下のような心と体の病気が起こる可能性があると言われています。

  • ED(勃起障害)
  • 鬱病・抑うつ感
  • 睡眠障害
  • 落胆・不安・疲労感などの精神・心理症状
  • 記憶力・集中力の低下
  • 発汗・ほてりなどの身体症状

男性ホルモンが減るとED(勃起不全)になるというのは男性なら何となく知っているかと思いますが、それ以外にも男性ホルモンが減ることで、肉体的・精神的に多大なダメージを与える可能性があるんです。

そもそも男性ホルモンというのは「生きる活力」「気持ちの張り」など、人が健康に前向きに生きていく為のバイタリティーの源と言われているほどです。

あまり知られていませんが、男性ホルモンが正常に分泌されることで以下のような働きがあるんです。

  • 男性器の発達・性欲
  • 精子形成
  • 血管の健康維持
  • 動脈硬化予防
  • 肥満予防
  • 糖尿病予防
  • 記憶力の向上
  • やる気を高める
  • タンパク質の合成を促す
  • 筋肉量の増大

男性ホルモンの働きに関しては、上げたらキリがないほど心と体にとって重要な働きをしています。

 

まとめ

ここまで、男性ホルモンが増えるとハゲる薄毛になるという噂について説明してきました。

何度もお話ししてることですが、男性ホルモンは薄毛の直接的な原因ではないので、間違っても男性ホルモンを抑制しようだなどと思わないでくださいね。

AGAの疑いさえハッキリしておけば、男性ホルモンがどんなに増えようとハゲることはありませんし、心と体の健康を維持する男性ホルモンとはうまく付き合っていく事が大切です。

無駄な努力をした結果、EDになんてなったら最悪ですよね。

それにも関わらず、男性ホルモンとハゲ・薄毛は未だにセットで話されていて、オナニーをするとハゲる・筋トレをすると薄毛になるなどと、薄毛の噂はたくさん存在しています。

そういった噂に関しては、薄毛の噂解明シリーズとして既に検証・解説していますので、気になる方はご覧になって見て下さい。

>>薄毛の噂解明シリーズ

 

あなた自身が、「自分はAGAを発症しているかも」「将来AGAを発症するかもしれない」と少しでも感じた場合は、薄毛を進行させないハゲない為にも、AGAセルフチェックをして確かめておく事をお勧めします。

>>AGAセルフチェックで自己検査

AGAを発症して髪の毛を失うと、改善させるのが難しい上に時間がかかります。気づいた時、知ったときの早めの対策が、あなたの髪の毛と外見を左右するのは間違いありませんから。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。