皮脂が多いとハゲる・頭皮が油っぽいと薄毛になるはウソ!

「皮脂が多いとハゲる、頭皮が脂っぽいと薄毛になる」とは、薄毛を気にされている方なら一度は聞いた事があるかと思います。

じゃぁ皮脂が多いとハゲる・頭皮が脂っぽいと薄毛になるという薄毛の噂は本当なのかウソなのか?

結論から先にお話すると「全くのウソ!」単なるデタラメです。

よく考えてみて下さい。仮に皮脂が詰まってハゲるなら、髪が洗えず長期入院している方は例外なく全員ハゲていることになります。頭皮が脂っぽくて薄毛になるとしたら、殆んど髪が洗えないホームレスの方達は全員薄毛になっていることになります。

ですが、実際はハゲている人もいればフサフサの人もいますよね。

ですので、皮脂が多いとハゲる・頭皮が脂っぽいと薄毛になるという噂には、根拠など全くないのです。

それにも関わらず、なぜこういった薄毛の噂が広まったのか?それは、大手の化粧品・シャンプーメーカーが自社の商品を売るために広めた販売戦略で、未だに多くの方がウソでデタラメな情報に騙されています。

ここでは、皮脂が多いとハゲる・頭皮が脂っぽいと薄毛になるという噂がウソである根拠と証拠について説明していきます。最後までご覧になって納得した場合は、一人でも多くの方に広めて騙されている方達を救ってもらえると幸いです。

 

頭皮の皮脂(脂)が原因でハゲることは無い!

随分と前から「頭皮の皮脂(脂)が原因でハゲることはない」という事が研究の結果分かっています。

冒頭でもお話ししましたが、髪が洗えない長期入院をしている方や、殆んど髪を洗わないホームレスの方達を見れば「頭皮の皮脂(脂)が原因でハゲることはない」ということが、真実であると分かるのではないでしょうか。

私自身がデタラメなウソに騙されていましたが、当時の私と同じように今でも「皮脂が詰まるとハゲる・頭皮が脂っぽいと薄毛になる」という噂を信じている方が多いと思います。

悪いのはあなたではなく、自社のシャンプーを売るためにデタラメな情報を広めた一部のメーカーの責任です。

 

頭皮の皮脂(脂)が多い = ハゲると広めたのは悪徳な一部のメーカー

まずはこちらの画像をご覧ください。

皮脂

育毛サロンやシャンプーのCMなどで体験者の頭皮を写し、毛根から皮脂が出てくるのを撮影した画像です。 汚い・・・と思うかもしれませんが、上記のような画像が映し出されたCMや動画を見たことってありませんか?

こういった映像を見ていると「見て下さい、毛穴に詰まったこの皮脂を。このままにしておくと皮脂が毛穴を塞いで薄毛が進行していきます。」「この状態は髪にも頭皮にも悪いので、シッカリ落して綺麗にしましょう」ということが必ず言われます。

確かに一見すると「汚い・・・」と感じる状態ですが、この状態は「汚い」のではなく、これが普通であり当たり前なんです。

え?っと思うかもしれませんが、どんなにイケメンだろうと美人だろうとアイドルだろうと、シャンプーをして頭皮を綺麗にしても数時間も経てば

皮脂

頭皮はこんな状態です。

この瞬間をとらえた動画というのは、いかにも「毛穴から皮脂が分泌された瞬間を捉えた」ように見えますが、実は「皮脂が分泌された瞬間ではなく、髪が伸びた瞬間を捉えただけ」なのです。

具体的に説明すると、毛穴に分泌された皮脂はいったん毛穴内に溜まります。しかし、髪の毛が伸びるのと同時に、皮脂が髪に絡め取られて毛穴から押し出されるのです。

髪が伸びる瞬間を捉えているだけなので、皮脂が分泌された瞬間を捉えているわけではありません。育毛サロンやシャンプーメーカーは巧妙な販売戦略を取ってきますが、皮脂が詰まってハゲることはないので騙されないでくださいね。

さらに付け足すと、毛穴から押し出された皮脂は頭皮全体に広がって、乾燥や紫外線などの外部刺激や、細菌の侵入を防いで「頭皮を守ってくれる重要な働き」をしてくれています。

ようするに、皮脂は天然のバリア機能といえます。

一部の強欲なメーカーのせいで意味もなく嫌われていた皮脂ですが、実は頭皮と髪を守ってくれる正義の味方だったわけですね。

 

皮脂が多いとハゲるのではなく、ハゲる人の皮脂が多い

皮脂が多いとハゲる・頭皮が脂っぽいと薄毛になるという噂がウソであることが分かって頂けた方と思います(噂を広めたメーカーの責任なので)

しかし、中には「薄毛の人って、頭皮が脂でベタベタ・テカテカしている事が多いよね」と思っている方もいるのではないでしょうか。そして、それは正解です。

実際、薄毛の人は皮脂の分泌が多くて、頭皮が脂っぽくなっている方がたくさんいます。ですが、そういった方は「皮脂が多くて薄毛になったのではなく、薄毛だから皮脂の分泌が多い」だけなんです。

 

ハゲ・薄毛を招く脱毛ホルモンDHT

以前、AGAの原因と発症メカニズムを解説という記事で、「生え際の後退や頭頂部の薄毛を招くAGAは、男性ホルモンが薄毛を招くDHT(ジヒドロテストステロン)に変異することが原因」とお話ししました。

生え際の後退や頭頂部の薄毛に悩んでいる方は、AGA(男性型脱毛症)を発症している可能性が非常に高いんです。

で、実はこのDHT(AGAの原因)には薄毛を促進するだけでなく、以下のような働きもあるんです。

  • 皮脂の分泌を増やす
  • ヒゲや体毛を濃くする

つまり、どうゆう事かと説明すると「皮脂が多い = ハゲる」のではなく、「AGAを発症している = 皮脂が多くてハゲる」という事になるわけです。

体毛を濃くするなら髪の毛も濃くしろよ!と思いますが、体とは違い頭皮でDHT(ジヒドロテストステロン)が増えると抜け毛を増やし薄毛を促進するだけのようです。

皮脂が多くてハゲることはありませんが、「最近急に頭皮がベタベタするようになった」「頭皮が脂っぽくなった上に抜け毛が増えた」と感じる場合は、AGAを発症している可能性があるので、一度セルフチェックをして確かめてみて下さい。

>>10個の項目で自己検査・AGAセルフチェックはこちら

 

まとめ

AGAを発症している以外にも、皮脂が過剰に分泌されて頭皮がベタベタ・テカテカする場合があります。

  • 皮脂が過剰に分泌される原因
  • 皮脂を過剰に摂り過ぎていること
  • 洗浄力の高すぎるシャンプーを使っている

髪の悩みがあると、どうしても「頭皮をキレイにしなきゃ」という思いが先行して、一生懸命頭皮をキレイに洗おうとしてしまいますが、それが逆効果になって皮脂の過剰分泌を起こしている可能性があるんです。

また、ドラッグストアなどで売られているシャンプーの殆んどは、洗浄力が非常に高いので、頭皮の皮脂を取り過ぎている場合があります。

先ほどもお話ししましたが、皮脂は髪と頭皮を守る天然のバリア機能を果たしていますので、皮脂を取り過ぎるとそれを補おうと余計に分泌するようになるんです。

ハゲ・薄毛の原因は頭皮の皮脂(脂)が原因だ
↓  ↓  ↓
洗浄力の高いシャンプーで頭皮を一生懸命洗う
↓  ↓  ↓
摂り過ぎた皮脂を補う為に、皮脂が過剰に分泌される

薄毛や抜け毛に悩む方の中には、皮脂の重要性を知らずに皮脂を取り過ぎてしまって、この悪循環にハマってしまっている方も結構います。

ですので、まずは皮脂が多いとハゲる・頭皮が脂っぽいと薄毛になるという噂がウソであることをシッカリと理解して、頭皮と髪を優しく洗い上げる頭皮と髪にいいシャンプーに変えてあげることがポイントです。

「最近急に頭皮がベタベタするようになった」「頭皮が脂っぽくなった上に抜け毛が増えた」という方の場合は、AGAを発症している可能性が高いので、一度AGAセルフチェックをして確認してみて下さい。

というのも、AGAはシャンプーを変えた程度では治療が不可能でより専門的なアプローチが必要になるからです。しかも、放っておくと薄毛をドンドン進行させる病気のようなものですので、AGAセルフチェックをして確かめることを勧めます。

>>AGAセルフチェックで自己検査

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。