筋トレをするとハゲる?徹底検証して分かった意外な真実とは

昔から何となく知っている薄毛の噂「筋トレをすると男性ホルモンが増えてハゲる」というもの。

この噂は本当なのか嘘なのか?結論から先にお話するとウソです。

よく考えてみて下さい。我々一般人よりもハードな筋トレをして体を追い込んでいるアスリートは全員ハゲていますか?

違いますよね。

中には、髪が薄くなっているアスリートの方もいますが、そういった方は体質的に薄毛になりやすかっただけで、筋トレをしたから薄毛になったわけではありません。

その証拠に、ボディビルダーの方やジムのインストラクターの方全員がハゲているわけではないですよね。

ですので、筋トレをするとハゲるという噂はウソです。

ただ、場合によっては筋トレをすることでハゲ・薄毛になるのも事実です。ここでは、筋トレをするとハゲる人・薄毛にならない人の違いについて説明していきます。

 

筋トレをしてハゲる人・薄毛にならない人の境界線

筋トレをしてハゲる人・薄毛にならない人の境界線は以下の通りです。

  • AGAを発症している(将来発症する可能性がある)
  • 髪の元になる栄養不足に陥っている

上記に当てはまると、筋トレをすることでハゲますが、当てはまらなければ「筋トレをしてもハゲません。」

これから、その理由について説明していきますが、「筋トレをするとハゲるという噂」を信じてる場合、このような考え方になっていませんか?

筋トレをすると男性ホルモンが増える
↓  ↓  ↓
男性ホルモンが増えるとハゲる
↓  ↓  ↓
筋トレをするとハゲる

この考え方を何となく信じていて、筋トレをするとハゲるんじゃ…薄毛が進行するのかも…と思っているのかと思います。

 

筋トレをすると男性ホルモンが増えるのは事実

基本的に、筋トレをすると男性ホルモンが増えるのは紛れも無い事実です。これは、実験の結果分かっていることなので疑いようのない真実でもあります。

ですが、筋トレ後に増える男性ホルモンは「筋肉の増強に使われる」ので、過度な心配をする必要はありません。

ただし、筋トレをして男性ホルモンが増えるとハゲ・薄毛になる人がいるのも事実です。

そういった方には特定の共通点があって、それさえ知っていれば筋トレを好きなだけやっても問題ないといえます。

 

男性ホルモンが増えるとハゲる人の共通点

筋トレをして男性ホルモンが増えるとハゲる人の共通点は、AGAを発症している・将来AGAを発症する可能性が高いかどうかです。

AGAとは男性型脱毛症の略で、AGAを発症すると「生え際が後退しておでこが広くなる・薄くなる、頭頂部の髪が薄くなる・生え際と頭頂部の両方が薄くなる」といった男性特有の薄毛症状があります。

AGAを発症していると筋トレをするとハゲる

AGAと男性ホルモンは密接に関係していて、AGAは男性ホルモンが薄毛を招くDHT(ジヒドロテストステロン)に変化してしまう事で発症します。

ただ、誤解しないでほしいのは、男性ホルモンが増える = AGAを発症する(薄毛になる)のではなく、男性ホルモンがDHTに変換されてしまうことがAGAの原因(薄毛の原因)です。

>>AGAの原因と発症メカニズムを解説

つまり、筋トレをして男性ホルモンの分泌量が増えたとしても「AGAを発症していなければハゲることはない」ということです。

 

冒頭で、筋トレをしてハゲる人・薄毛にならない人の境界線は

  • AGAを発症している(将来発症する可能性がある)
  • 髪の元になる栄養不足に陥っている

とお話しましたが、その理由もこの為です(髪の栄養不足に関しては、後ほど説明します)

ですので、筋トレをするのであれば「あなた自身がAGAを発症しているかどうか」をハッキリさせる事が必要です。

AGAの発症(将来発症する可能性)さえハッキリしておけば、筋トレをして男性ホルモンが増えたところでハゲる事はありませんからね。

自分はどうなのか分からないという方は、1度AGAセルフチェックをしてみて下さい。

>>AGAセルフチェックで自己検査

 

筋トレをしてもハゲ・薄毛にならない方法

AGAを発症している(将来発症する可能性がある)方は、筋トレをすると男性ホルモンが増えてハゲ・薄毛になる可能性があるとお話しましたが、有酸素運動ならOKです。

それどころか、有酸素運動は髪に良いことしかありません。

 

髪に良い!有酸素運動

ネットでは、有酸素運動をすることで血行促進やストレス発散だけが取り上げられていますが、それだけではないんです。

運動をすることで、薄毛を招くDHT(AGAの原因)を汗と共に体外に排出します。さらに、髪を育てる成長ホルモンも分泌してくれるのです。

つまり、有酸素運動は髪にとって良いことしかない!薄毛になりやすい方が筋トレをするのは心配ですが、有酸素運動ならOKです。

時間がある方は、髪の為にも適度な運動を習慣にしてみては如何でしょうか。

 

AGAの疑いをハッキリさせる

筋トレをしている方・または筋トレを始めたい方で、自分は薄毛にならないか心配な方は、まずはAGAセルフチェックをして、あなた自身がAGAを発症していないか確かめてみて下さい。

というのも、AGAの疑いさえハッキリしてしまえば、筋トレをしてもハゲる事はありません。

仮に、AGAを発症していたとしても、AGA対策をしながら筋トレを行えば、ハゲ・薄毛になるリスクを格段に下げる事ができます。

実際、私自身が週3回筋トレをしながらAGA対策をしているので、正しい対策を取れれば問題ないといえます。

ですので、まずはAGAセルフチェックを行って、あなた自身がAGAを発症していないか確かめてみて下さい。

>>AGAセルフチェックはこちら

 

髪の元になる栄養がシッカリ補えている

筋トレをしたら、筋肉の回復・増強に大量の栄養が必要になるのは当然ですよね。で、筋肉の回復・増強に使われる栄養というのは「髪の元になる栄養とほぼ一緒」なのです。

その代表例が、タンパク質・ビタミン群・ミネラルなのですが、これらは健康な髪の毛を育てる為に必要な栄養素。

それにも関わらず、偏食やバランスの悪い食事を繰り返して、ただでさえ髪の元になる栄養が少ない状態で筋トレを行ったら髪の元になる栄養がなくなる一方です。

ですので、筋トレを行うのであれば「髪の元になる栄養が不足しないようにシッカリと摂取しておくこと」が大切なポイントです。

 

まとめ

ここまで、筋トレをするとハゲる人・薄毛にならない人の分かれ道について説明してきました。

筋トレをするのであれば

  • AGAを発症している(将来発症する可能性がある)
  • 髪の元になる栄養不足に陥っている

この2つだけはハッキリさせておくようにして下さい。

特に、AGAを発症している場合は、筋トレをすると薄毛が進行するスピードが速くなるので、AGAセルフチェックをして確かめておくことを勧めます。

>>AGAセルフチェックで自己検査

 

それさえ分かれば、筋トレをしても過度な心配をする必要がなくなりますし、正しい薄毛対策を取れるようになりますので。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

>>男性ホルモンが増えるとハゲる薄毛になるという噂の真相解明