その薄毛もしかしたらAGAが原因かも?セルフチェックで自己検査

育毛剤を使っているのに薄毛が改善しない・・・
最近急激に抜け毛が増えた気がする・・・
薄毛対策をしていても中々治らない・・・

あなたの薄毛は、もしかしたらAGA(男性型脱毛症)が原因かもしれません。だとすれば、それは非常に危険な状態で正しい対策ができないと薄毛は更に進行していきます。

AGAには特徴があります。ここでは、AGAのセルフチェックを用意したのでまずは自己検査してみましょう。

 

AGA(男性型脱毛症)のセルフチェック項目

  • 抜け毛の毛根部分が細く尖っている
  • 毛根の付いてない抜け毛が多い
  • 細く弱々しい抜け毛が多い
  • 産毛のまま髪が抜ける
  • 毛先が細く尖った抜け毛が多い
  • 髪を切ってないのに短い抜け毛が多い
  • 1年前と比べて生え際が後退している
  • 頭頂部の薄毛が気になる
  • 近い親族に薄毛の人がいる
  • 髪にハリやコシが無くなった

上記のチェック項目に、あなたはいくつ当てはまっていましたか?

AGAセルフチェックに当てはまった数が、3個以下の方はまだ大丈夫ですので、予防をする事で将来髪が薄くなるのを防ぐ事ができます。

3~6個当てはまった方は、AGAを発症している可能性が高いので、AGAの原因と発症メカニズムを知って対策をとっていきましょう。

セルフチェックに6個以上当てはまった方は、早急にAGA対策をした方が良いです。

というのも、1度AGAを発症すると、ドラッグストアで売られているような育毛剤やシャンプーの使用ではAGAの改善は不可能で、専門的なアプローチが必須になります。

しかも、AGAの影響を受けて薄毛が進行した場合、あなたが思っている以上に髪の毛を取り戻す事が難しくなります。しかも膨大な時間がかかります。

私自身「自分は大丈夫だろう・・・」などとあの時思わなければ、髪の悩みで苦労をする事がなかったと後悔しています。

人目や風が気になる生活は本当に苦痛です。陰口を言われていないか考えるようになります、人に会うことすら嫌になります。

ですので、AGAセルフチェックをしてみて「自分はAGAを発症しているかも・・・」と少しでも感じた場合は、早急にAGA対策を実践することを勧めます。薄毛の悩みがあると本当に辛いですし、当時の私と同じ思いをしてほしくないですから。

>>AGAの原因と発症メカニズムを解説

 

抜け毛の本数が多いのはAGAを発症している証拠?

ネットを見ていると「1日の抜け毛が〇〇本以上だとAGAを発症している可能性が高いです!」という記事を見かけますが、抜け毛の本数でAGAを発症しているかどうかの判断はできません。100%不可能であると断言できます。

というのも、人の髪にはヘアサイクルというものがあり、1日に抜ける髪の本数は50~100本ほどと言われています。簡単にいえば、毎日一定数の髪が抜けて、毎日一定数の髪が生えてきているということです。

ただ、1日に抜ける髪の本数には個人差があって、1日50~100本髪が抜ける人もいれば、1日100~150本髪が抜ける人もいます。極端なことをいえば、1日の抜け毛が200本あったとしても人によってはそれが正常です。

ですので、1日の抜け毛が〇〇本以上だとAGAを発症しているとは判断できないのです。もしも、1日の抜け毛本数 = AGAを発症しているという趣旨の記事をみかけても信じないでくださいね。

AGAを発症しているかどうか判断する上で大切なの、抜け毛の本数ではなく「抜け毛の質」が重要なポイントです。

 

抜け毛の質が重要なポイント

冒頭のAGAセルフチェック項目の中で、実は特に重要なチェック項目がありました。それが以下の5つです。

  • 抜け毛の毛根部分が細く尖っている
  • 毛根の付いてない抜け毛が多い
  • 細く弱々しい抜け毛が多い
  • 産毛のまま髪が抜ける
  • 毛先が細く尖った抜け毛が多い

上記チェック項目の中で3つ以上あてはまっていた場合は、AGAを発症していると判断して早急にAGA対策を実践してください。AGAを発症している可能性が極めて高いです。

先ほど、AGAを発症しているかどうか判断する上で大切なのは、抜け毛の本数ではなく「抜け毛の質」が重要なポイントとお話ししましたが、抜け毛の質を確かめるのが上記5つのチェック項目です。

というのも、一度AGAを発症すると、AGAによる強烈な脱毛指令の影響を受けて本来ならまだ育つはずの髪の毛が抜け落ちてしまいます。その結果、新しい髪の毛が育ちにくくなり、今生えている髪の毛まで抜けてしまうので薄毛が進行するわけですね。

AGAの影響を受けて抜けた髪の毛というのは、上記5つの特徴に当てはまっている事が多いので、3つ以上当てはまっている場合は「AGAを発症している可能性が極めて高い」といえます。

ですので、早急にAGA対策をして大切な髪の毛を守りましょう。

髪の毛は簡単に抜けるものの、思ったようには生えてきてくれません。その上、AGAを発症していると髪の毛を取り戻す事が非常に難しくなりますし、時間がかかります。

特に、20代30代とまだ若いにも関わらず「生え際が後退している、または薄い」「頭頂部の薄毛が気になる」という方は、これ以上薄毛を進行させない為にもAGA対策を実践して下さい。

若ければ若いほど、髪の毛は生えてきやすくなりますし、より短期間で改善させる事もできます。

あなたの大切な髪と頭皮を守るのは、あなたの決断と行動次第です。もう遅いとか手遅れってことはないので、AGAの原因や対策方法を知って実践していきましょう。

>>AGAの原因と発症メカニズムの解説

 

AGAの原因や発症メカニズムを知ることは非常に重要なポイントだと思いますが、それは良いから手っ取り早く対策方法を知りたいという方もいるかと思います。

以下の記事で、AGA対策ができる育毛剤やサプリメントの選び方を解説していますので、今すぐにでもAGA対策を始めたい!という方は、そちらをご覧下さい。

>>AGA対策育毛剤の選び方まとめ

>>AGA対策サプリメントの選び方まとめ

 

どちらを実践したら良いのか迷うという方もいるかもしれませんが、育毛剤とサプリの両方を実践するのが理想的です。

両方取り入れた方が短期間で改善できる可能性が高くなりますし、即効性の観点から見ても優れています。

両方同時は厳しいという方は、AGA対策ができる育毛剤をまずは試してみて下さい。その後に、より改善率を加速させたいと感じた場合は、AGA対策サプリを取り入れると良いかと思います。