薄毛になる人の特徴的な抜け毛をチェック!あなたの抜け毛は危険かも

髪の悩みがあると、どうしても抜け毛の本数を気にしてしまいますが、抜け毛の本数よりも重要な事があります。

それが「抜け毛の質」です。

と言うのも、1日に抜ける髪の本数には個人差があり「ここまでは正常で、ここからは異常」と言うのは断定出来ないのです。

ですが、薄毛になる人には特徴的な抜け毛の共通点があるので、それさえ知っていれば「あなたの抜け毛は危険な状態なのか・大丈夫なのか」この判断が出来るようになるわけです。

ここでは、薄毛になる特徴的な抜け毛チェックから、危険な抜け毛になる原因から改善方法まで説明していきます!

最近抜け毛が増えて悩んでいる方は、必ず役立つ情報ですので最後までご覧になってください。

 

あなたの抜け毛は?危険な抜け毛チェック

  • 抜け毛の毛根部分が細く尖っている
  • 毛根の付いてない抜け毛が多い
  • 細く弱々しい抜け毛が多い
  • 産毛のまま髪が抜ける
  • 毛先が細く尖った抜け毛が多い

上記の項目に3個以上(3個もOUT)当てはまっていたら、あなたの抜け毛は薄毛になる危険な状態の可能性大です。

そのまま放っておいたら、1年後には確実に薄くなってます。

質の悪い抜け毛になる原因とメカニズムをしっかり理解して、今日から薄毛対策を実践していきましょう!

 

質の悪い抜け毛になるメカニズム

抜け毛の本数よりも、質の悪い抜け毛がなぜダメなのかというと、本来ならまだ育つはずの髪が抜け落ちてしまっているからなのです。

人の髪にはヘアサイクル(毛周期)があり、「成長期」「退行期」「休止期」の3つを繰り返すことで常に生え変わっています。

この3つのステップの中でも、髪がグングン育つ成長期の期間は2~6年ほどあるのですが、「質の悪い抜け毛の場合は成長期の期間が極端に短くなり、髪が成長している途中で抜け落ちてしまっているのです。

※ ヘアサイクル(毛周期)については、以前ヘアサイクル(毛周期)とは?理論と期間について解説こちらで詳しく説明しているので、分からない方は一度ご覧になって見て下さい。

ヘアサイクル

質の悪い抜け毛が増えるのはヘアサイクルが乱れていることが原因ですが、質の悪い抜け毛が多いままだと、1年以内に薄毛が目立ち始め確実に進行していきます。

そして、質の悪い抜け毛以外にも、薄毛が進行し始めている自覚症状はいくらでもあります。

  • 髪にハリやコシがない
  • 髪の毛をセットするのが大変になった
  • 最近頭皮が透けて見えるようになった
  • おでこが広くなった
  • 頭頂部が薄い
  • 分け目が薄い

こういった症状を自覚した場合は、質の悪い抜け毛が増えて薄毛が進行している可能性が高いです。

質の悪い抜け毛が増えているからといって手遅れということはないので、質の悪い抜け毛が増える原因をシッカリと理解して、今日からできる薄毛対策を始めていきましょう。

 

質の悪い抜け毛が増える原因

質の悪い抜け毛が増える主な原因は以下の5つです。 原因をシッカリと把握して、ハゲにならない・薄毛を改善するための正しい薄毛対策を行っていきましょう。

 

AGA(男性型脱毛症)が大きな原因

薄毛に悩む男性の3人に1人が発症していると言われているAGA(男性型脱毛症) このAGAを発症すると、生え際が後退しておでこが広くなる、頭頂部の髪が薄くなる、生え際と頭頂部の両方が薄くなるなど、男性特有の薄毛症状を引き起こします。

一度AGAを発症すると、毛母細胞に強烈な脱毛指令が出されるようになり、まだ育つはずの成長期の期間が極端に短くなってしまい、質の悪い抜け毛が目に見えて増えるようになります。

AGA(男性型脱毛症)

さらに、このAGAが最も怖いのは「新しい髪が育ちにくくなる上に、今生えている髪の毛までも脱毛させる」ところで、一度AGAを発症すると薄毛になるスピードが加速度的に早くなっていくので注意が必要です。

薄毛に悩む男性の多くはAGAを発症している可能性が高く、またAGAを改善する事ができれば薄毛は改善していくともいえますので、あなた自身がAGAを発症していないか分からない場合は、まずはAGAセルフチェックで確かめてみることを勧めます。

>>AGAセルフチェックで自己検査

 

頭皮の血行不良

髪の毛は血液から栄養を受け取らないと育つことが出来ないので、血行不良は改善した方が良いです。

頭皮が血行不良になる原因は、眼精疲労、肩こり・首こり、運動不足、ストレス、冷え、タバコなど。

特に、頭皮が赤茶っぽい色をしている場合は、頭皮が血行不良になっている可能性が高いので、頭皮マッサージを行う、ストレッチをする、育毛剤を使うなど出来る薄毛対策を始めていきましょう。

 

睡眠不足

基本的に髪は寝ている間に最も育ちます。つまり、寝不足 = 髪が育たない・薄毛が改善しないということです。

睡眠時間が短い、寝る時間がいつもバラバラ、寝ても寝た気がしないなど、薄毛を招く質の悪い眠りは避け、まずは十分な睡眠時間を確保しましょう。

>>寝不足(睡眠不足)は抜け毛を増やし、薄毛を加速度的に促進させる

 

頭皮環境の悪化

頭皮環境の悪化といっても原因は様々で、洗浄力の強いシャンプーを使っている、頭皮が日焼けしてヘアサイクルが乱れている、頭皮に雑菌が繁殖して抜け毛を増やしているなどがあります。

洗浄力の強すぎるシャンプーを使っている方が非常に多くて、頭皮に必要な皮脂を根こそぎ奪い取ってしまっていることが抜け毛が増えている原因になっているケースも少なくありません。

そういった場合は、髪と頭皮にいいシャンプーに変えて、髪と頭皮を労わりながら優しく洗い上げることが大切です。

>>抜け毛・薄毛予防に良いシャンプーの選び方

>>髪と頭皮にいいシャンプーランキング

 

髪の元になる栄養不足

AGA(男性型脱毛症)、血行不良、睡眠不足、頭皮環境の悪化の3つに比べるとヘアサイクルへの影響は小さいモノの、髪の栄養不足になると質の悪い抜け毛が増える原因になります。

髪の元になる栄養は主に、タンパク質・ビタミン群・ミネラルの3つ。コンビニやファストフードが多い方、偏食やダイエットをしている方は、髪の元になる栄養不足になりやすいので注意が必要です。

普段からバランスの良い食事を心がけることが大切ですが、それが難しいようであれば髪にいい育毛サプリを飲んで、髪の元になる栄養をシッカリ補給してあげることが薄毛対策にとって大切なポイントです。

 

質の悪い抜け毛を改善させる一番の方法は?

質の悪い抜け毛が増える原因を説明しましたが、この中でどれが一番重要なの?と思われる方も多いかと思います。

基本的に、どれも重要なポイントなので全部改善した方が良いのですが、絶対に外せない重要なポイントはAGA(男性型脱毛症)です。

先ほども説明しましたが、一度AGAを発症すると新しい髪が育ちにくくなる上に、今生えている髪の毛まで脱毛させます。しかも、一度AGAを発症する(将来発症する可能性がある)と薄毛が進行するスピードが加速度的に早くなっていきます。

気が付いたらハゲていた・・・といった状態になる方が非常に多いです。

AGAはドラッグストアなどで売られているシャンプーを使っても生活習慣を改善しても治療は不可能で、より専門的なアプローチと対策が必要になります。

ですので、質の悪い抜け毛が多くて薄毛が心配な方、既に薄毛に悩んでいる方は、一度ご自身がAGAを発症していないかAGAセルフチェックで確かめてみて下さい。

>>AGAセルフチェックで自己検査

一度髪の毛を失うと、あなたが思っている以上に髪を取り戻すことが大変ですし膨大な時間がかかります。 人目や風が気になる生活になる前に、早めの薄毛対策をすることが後々後悔せずに済む賢い方法です。